検査から治療後のメンテナンスまで

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療はかなりの費用を要することは確かです。保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。